(新)日本語盤 All in One SEO Pack かんたん図解設定

Pocket

SEOの設定

WordPress を使う場合、必須と言えるプラグインが幾つかありますが、その中でも、All in One SEO Pack は非常に重要度が高いプラグインです。このプラグインは、WordPress の集客を成功させるために必須のプラグインです。画像の説明に沿って確実に設定してください。

一般設定

サイト全体のSEOに関わる設定です。以下の画像の通りに設定してください。

◆Canonical(カノニカル) とは、URLの正規化を意味し、この項目をチェックをすることで、自動でcanonicalタグを挿入します。

※URLが異なる重複コンテンがある場合、Googleの検索エンジンにマイナス評価やペナルティを受けてしまう可能性がありますので、必ずチェックします。

◆ページネイションをCanonical URLsにチェック
ページネイションとは、いわゆる「ページ送り」のことです。

◆元のタイトルを利用「無効」にチェック
「All in One SEO Pack」以外のテーマやプラグインでページタイトルを設定する場合は、「有効」にチェックが必要ですが、「All in One SEO Pack」でタイトルを設定する場合には、「無効」にチェックをします。

◆Schema.org マークアップを使用
チェックすることで、schema.orgに準拠した構造化データを利用します。検索エンジンにサイトの情報を伝えやすくなります。

ホームページ設定

ホームページ(ブログのトップページ)のタイトル、及びディスクリプションの設定ができます。
ここに設定した内容が、ブログのタイトルとして検索エンジンの検索結果に表示されることになります。

 

◆ホームタイトル
ブログのタイトルを入力します。

◆ホームディスクリプション
ブログのトップページ用のブログ概要になります。
WordPress管理画面の「設定」→「一般」→「キャッチフレーズ」ですでに設定されている場合は、「All in One SEO Pack」で設定した方が優先されます。

◆代わりに固定フロントページを利用する
タイトルとディスクリプションの設定を、トップページの設定から引用するという設定です。「All in One SEO Pack」で設定しているので「無効」にチェックします。

タイトル設定

現在は、Googleなど検索エンジン側でタイトルを調整して検索結果に表示しているので、「無効」にします。

◆タイトルを書き換える
「無効」に設定します。

◆タグと検索タイトルを大文字にする
タイトルを大文字に設定できる機能ですが、日本語を使う場合はどちらでもOK

カスタム投稿タイプ設定

カスタム投稿タイプとは、「投稿」と「固定ページ」以外にカスタムした独自の投稿タイプを定義して利用するWordPressの機能のことです。

現在は利用していなくても、画像のように設定しておけば、いつカスタム投稿タイプを使いたくなっても大丈夫です。

◆カスタム投稿用のSEO
「有効」を選択します。

◆SEOを行う投稿タイプ
「投稿」、「固定ページ」にチェックします。

◆詳細設定を有効化
「無効」を選択します。

表示設定

「All in One SEO Pack」による設定メニューの表示・非表示や表示場所を設定します。

◆カスタム投稿タイプの列ラベルを表示
「投稿」、「固定ページ」をチェックします。

ウェブマスター認証

この設定では、検索エンジンに関わる分析ツールの認証が行えます。
今回は、GoogleのSearch ConsoleとBingのwebマスターツールという2つのツールの認証を行います。

※サイトの認証を行う前に、Search ConsoleおよびBing Webマスターツールへの登録が必要なので、まずはツールの登録方法から解説していきます。

GOOGLE SEARCH CONSOLEへの登録と認証

Google Search Consoleへアクセスし、Googleアカウントでログインします。

※Googleアカウントは必ず必要になりますので、作成して下さい。

Google Search Console

ログインしたら自分のサイトのURLを入力し「プロパティを追加」をクリックします。

2つめ以降の場合、ポップアップ画面でURLの入力を求められるので、自分のサイトのURLを入力して「追加」をクリックします。

URLを入力すると、次の画面が表示されますので「別の方法」タブを選択し、その中の「HTMLタグ」を選びます。表示されるタグのcontent属性の値(” “に囲まれている部分)を「All in One SEO Pack」の設定画面に戻りコピペします。

Googleサーチコンソール_HTMLタグ表示

「All in One SEO Pack」の設定画面に戻り、先ほどコピーした値を以下の箇所に貼り付けたら、画面下の「設定を更新」をクリックして、ここまでの設定を更新します。

再度、Google Search Consoleの画面に戻り、画面左下の「確認」をクリックします。

下図の画面が画面が表示されれば、認証成功です。

BING WEBマスターツールへの登録と認証

Bing Webマスターツールへアクセスし、Microsoftアカウントでログインします。
※Microsoftアカウントがない方はMicrosoft アカウント登録手続きより入手して下さい。

Bing Webマスターツール

ログインが成功すると管理画面が表示されますので「サイトの追加」の入力エリアに自分のサイトのURLを入力して「追加」をクリックします。

サイトの詳細情報の入力を求められますので、必須項目を入力します。
入力が完了したら画面右下の「保存」をクリックします。

画面が切り替わりますので、Google Search Consoleの時と同じく、content属性の値を「All in One SEO Pack」の設定画面に戻り、コピペします。

「All in One SEO Pack」の設定画面に戻り、先ほどコピーした値を以下の箇所に
貼り付けたら、画面下の「設定を更新」をクリックして、ここまでの設定を更新します。

Bing Webマスターツールの画面に戻り、画面左下の「確認」をクリックします。

このような画面が画面が表示されれば、認証成功です。

 

Google設定(Google Analyticsへの登録と認証)

この設定ではGoogle関連の設定します。必須なのがGoogle Analyticsの設定です。

まずはGoogle Analyticsのアカウントを作成する必要があります。Google Analyticsへアクセスし、Googleアカウントでログインして「お申し込み」をクリックします。

Google Analytics

Google AnalyticsとWordPressを連携させるために必要なトラッキングIDを取得するために、必要情報を入力し画面下の「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。

画面が切り替わり、トラッキングIDが表示されますので、UA-から始まる文字列をGoogle設定の「GoogleアナリティクスID」欄にコピペします。

Google設定の「GoogleアナリティクスID」に先ほどコピーした値を貼り付けます。

トラッキングIDを入力した状態で「All in One SEO Pack」の設定を更新した時点から、Google AnalyticsとWordPressの連携が開始されます。

Noindex設定

noindexとは、検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定する機能です。不要なページをあらかじめ検索エンジンに指定することで、SEOに効果的です。

ブログの記事以外のページは、検索エンジンにインデックスさせる必要性は薄いです。WordPressのタグ、日付別アーカイブ、投稿者アーカイブ、検索結果のページは、全て「noindex」に設定します。

詳細設定

詳細設定の画面です。設定項目は多いですが、実際に設定が必要な項目は2つです。利用しない機能は特に設定を変更する必要はありません。

◆ディスクリプションを自動生成
ディスクリプションとは、検索エンジンで検索した際にタイトルの下に表示されている説明文のことです。この項目をチェックすることにより、記事本文からテキストを自動的に取得して、ディスクリプションのメタタグが生成されるようになります。

◆ページ区切り付きページの説明を削除
アーカイブや検索結果のページ、ページ送りが含まれる記事など、分割表示される2ページ目以降からディスクリプションのメタタグを削除します。チェックを入れることを推奨します。

キーワード設定

現在のGoogleの検索エンジンは、メタキーワードを検索結果の順位付けの条件に使用していないため「無効」に設定します。

ここまで設定したら、画面左下の「設定を更新」をクリックします。

SEOの設定は以上で完了です。

XML サイトマップの設定

XMLサイトマップとは、Webサイト内にどのようなカテゴリやページがあるかを検索エンジンに伝えるためのもので、検索エンジンが活用しています。

「All in One SEO Pack」は、そんなXMLサイトマップを簡単に作成する機能も備わっていますので、設定方法などを紹介します。

XMLサイトマップ機能の有効化

XMLサイトマップ機能の有効化します。左メニューの「All in One SEO」メニューから「機能管理」を選び、「XML サイトマップ」のリンクをクリックします。

「All in One SEO」メニューに「XML サイトマップ」が追加されますので、こちらをクリックします。

XML サイトマップ

XMLサイトマップに出力する内容の設定ができます。必要に応じて設定します。

◆ファイル名接頭語
サイトマップのファイル名です。初期値の「sitemap」でOKです。

◆更新を予約
サイトマップを更新する頻度です。「毎日」で設定します。

◆サイトマップインデックスを有効化
超大規模サイト以外はチェックしなくて問題ないです。

◆投稿タイプ
サイトマップに加えるページを指定します。

◆タクソノミー
サイトマップに加えるページを指定します。

◆圧縮版サイトマップを構築する
GoogleもBingの検索エンジンも、公式に圧縮ファイルをサポートしていると明言しているので、チェックします。

◆仮想Robots.txt からリンクする
仮想robots.txtにXMLサイトマップのURLを出力する機能です。チェックします。

◆サイトマップを動的に生成
サイトマップを自動生成させる機能です。こちらもチェックをします。

追加ページ

特に指定がなければ、デフォルトの設定でOKです。

除外項目

XMLサイトマップに含めないカテゴリやページを指定することができます。
「未分類」カテゴリーは除外するため、チェックをします。

優先順位

XMLサイトマップ内の設定に「優先順位」を任意の値で設定することができます。指定がなければ、自動的に値が計算されて設定されますので、明確な意図がなければ、特に値を指定する必要はありません。

頻度

優先順位と同様に、指定がなければ、自動的に値が計算されて設定されますので、値を指定する必要はありません。

画面左下の「設定を更新」をクリックします。

XML サイトマップの設定は以上で完了です。

XMLサイトマップの確認

実際に生成されたサイトマップは、以下の場所から確認します。

WordPress管理画面 > All in One SEO > XML サイトマップ > サイトマップを表示

検索エンジン用に作られているため、記載されている内容がわからなくても大丈夫です。作成されていることが確認できればOKです。

XMLサイトマップの登録

サイトマップは作成しただけでは、本来の効果を発揮しません

ここで作成したXMLサイトマップのURLをGoogleのサーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)とBing Webマスターツールに登録することによって、検索エンジンに巡回されるようになり、それぞれの検索エンジンのクローラーの状況を把握できるようになります。

XMLサイトマップの登録は、Googleのサーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)とBing Webマスターツールの管理画面から行えます。

詳細な登録方法はこちらの記事で紹介していますので、参考にしてください。

GoogleとBingのXMLサイトマップを作成して登録する方法 – Googleサーチコンソールにサイトマップを登録する

GoogleとBingのXMLサイトマップを作成して登録する方法 – Bing Webマスターツールにサイトマップを登録する

SEO対策において、GoogleサーチコンソールやBing Webマスターツールの役割は非常に重要です。必ず設定して運用しましょう。

ソーシャルメディアの設定

まずは、ソーシャルメディア機能の有効化を行います。
左メニューの「All in One SEO」メニューから「機能管理」を選び、「ソーシャルメディア」のリンクをクリックします。

AllinOneSEOPack_ソーシャルメディア有効化

「All in One SEO」メニューに「ソーシャルメディア」が追加されますので、こちらをクリックします。

AllinOneSEOPack_ソーシャルメディア

ホームページ設定

ここでは、サイトのタイトルやトップページがシェアされた時の画像を設定します。

AllinOneSEOPack_ソーシャルメディア_ホームページ設定

◆AIOSEOのTITLEとDescriptionを使用する
一般設定で設定した「ホームページ設定」のタイトルとディスクリプションを使用しますので、チェックを入れます。

※異なる内容で設定したいときは、チェックを外して、ソーシャル用の情報を設定することもできます。

◆サイト名
自分のサイトの名前を入力します。

◆ホーム画像
Webサイトのトップページがシェアされた時に表示させたい画像をアップロードします。
※横1200px × 縦630pxが推奨サイズです。最低でも横200px × 縦200px以上の画像を使用する。

画像設定

記事がシェアされた時の初期設定画像を設定できます。

 

◆OG:Image ソースを選択
アイキャッチ(サムネイル)画像です。「デフォルト画像」を選択します。

◆画像が見つからない場合はデフォルトを使用
画像が設定されていない記事がシェアされた場合、ここで設定したデフォルト画像が表示されます。

◆デフォルトのOG:Image
デフォルト画像を指定します。
横1200px × 縦630pxが推奨サイズです。最低でも横200px × 縦200px以上の画像を使用する。

ソーシャルプロフィールリンク

各SNSのプロフィールに関する設定です。連携したいSNSがあれば設定しておきましょう。

 

◆ソーシャルプロフィールリンク
連携したいSNSがあれば、プロフィール画面のURLを入力します。複数ある場合は、箇条書きで入力します。
(例:https://www.facebook.com/xxxx)

◆個人または団体のどちらですか?
個人ブログであれば「人」を選択します。

◆関連付けられた名前
ブログと関連付いた内容のSNSであれば、ブログ名を記入しましょう。

Facebook設定

Facebookで「いいね」された時のOGP設定を行います。

FacebookやTwitterなどのSNSで記事をシェアされた際に、そのページの「タイトル」「URL」「概要」「アイキャッチ画像」を正しく表示させる仕組みです。

※SNSを活用して多くの人に自分の書いた記事をみてもらうためには必須の設定です。

こちらはFacebookの「管理者ID」と「アプリID」が必要になりますので、Facebookから取得して入力します。

 

Twitter設定

Twitterでつぶやきがリツイートされた時に表示される、画像や文章の表示設定ができます。

 

◆デフォルト Twitter カード
Twitter Cardの初期値を設定します。

◆Twitter サイト
Twitterアカウントを@付きで入力します。
あいうえお@xxxx

◆Twitter 投稿者を表示
Twitter Card上にコンテンツ作成者が表示されます。

◆Twitter ドメイン
自分のTwitterアドレスのアカウントです。
http://twitter.com/xxxxの「xxxx」部分を入力します。

詳細設定

特に指定がなければ、デフォルトのままのチェックなしでOKです。

 

画面左下の「設定を更新」をクリックします。

ソーシャルメディアの設定は以上で完了です。

これで「All in One SEO Pack」の設定は全て終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA